girl is smiling

女性器の悩みの中で、最も気になるのは膣圧の問題でしょう。女性器は筋肉の壁でできており、その締まり具合は筋力に左右されます。しかし女性器の大きさは生まれ持ったものもありますので、どうしようもない部分でもあります。
もしも彼との初夜の際に膣圧が弱い場合は、それだけで関係が気まずくなってしまう可能性もあります。特に男性の中には、「膣圧が弱いのはセックスの経験が多いから」という間違った情報を信じている方も多く。ありもしない疑いを欠けられる可能性もあります。不安な方は、事前に女性器の縮小整形を行うのも一つの手段です。

女性器の膣縮小は整形手術によって可能です。一番シンプルな整形は、女性器を切開し、一部を切除しつつ縫合することで膣を小さくします。文字に書き起こすと恐ろしそうに感じますが、実際は麻酔が効いていますので、痛みは全くありません。整形手術自体も1時間前後で終わり、入院の必要もありません。2ヶ月で傷跡も消え、セックスも可能になりますので、最も確実で、手っ取り早い手段です。
どうしてもメスに抵抗のある方は、レーザーを用いた整形をうけることもできます。効果は確かですが、日本で施術を行うクリニックは少なく、金額もかなりかかってしまいます。他には高周波によって膣縮小を行う方法もあります。これは麻酔も手術もないので、もっとも気楽に行なえます。ただ効果は1年しか持続せず、効果がなくなる度に30万円近くの費用をかけて再施術が必要になってきます。
考え方は人それぞれですが、最も確実で、半永久的なのは切開する整形手術です。気になる方はクリニックに相談しながら決めましょう。